フードコーディネーターに関する情報を発信

フードコーディネーターの仕事内容やなり方を知ろう

フードコーディネーターってどんな仕事?

フードコーディネーターという職業を知っていても詳しい仕事内容を知っている方は少ないです。なので、今回はフードコーディネーターの仕事内容からなり方まで詳しく解説していきます。

フードコーディネーターの仕事内容

・メディア関係の仕事

よく料理番組などで、料理の手順やレシピを解説しながら作っている人がいます。あの人達の多くがフードコーディネーターです。出版社から依頼されてコンセプトに合った料理を考案します。撮影当日に考えた料理を作り、盛り付けまで行うこともあります。監修を多く行うこともありますが、メディアに露出していく人もいます。

・メーカーでの商品企画

食品メーカーが新商品を開発する時には、さまざまな工程が必要となります。今世の中で流行っている食材や求められている食材などのマーケティングの工程から販売促進するための企画を立案する工程など多岐に渡ります。フードコーディネーターはこれら全般的な業務に携わることもあります。

・飲食店のメニュー開発やプロデュース

飲食店を立ち上げる時にフードコーディネーターの人達がメニューの開発を手伝うこともあります。飲食店の方向性にあった料理を、考案して試作などを行います。経営者の要望に応えながらメニュー開発を行いますが、時には店舗マネジメント業務を行うこともあります。

・アドバイザー

フードコーディネーターとしての実績や経験を積んでいけば、企業のアドバイザーとしての仕事を任せされることもあります。商品開発などの食に関わる部分だけではなく、経営コンサルティングなど本来の業務とは離れたことを行う人もいます。また、講演会の依頼があれば大勢の前で食に関する講話や講習をおこなうこともあります。

・料理教室などの講師

料理をしていることが好きな人は、料理教室の講師になることが多いです。料理教室といえばイメージするのが料理の作り方だと思いますが、他にも料理の組み合わせ方や、調理器具の効率的な使い方など自分の色を出した教室を行っている方もいます。

フードコーディネーターに関する情報を発信

料理

フードコーディネーターのなり方

フードコーディネーターは、必ずこの資格がないといけないという資格がないです。なので、独学で食に関わる知識を身に付け、そのまま食関連の仕事に就きフードコーディネーターとして独立することが可能となっています。ですが、食に関する専門家としてやっていくなら食や栄養の深い知識や調理技術などが必要になるでしょう。

学校に通う

調理の専門学校に通うことで、調理技術はもちろんのこと衛生や栄養、食品に関する知識などフードコーディネーターの基礎となることを学ぶことが出来るでしょう。調理師や栄養士の資格もフードコーディネーターとして活動していくなら無駄にはなりません。専門学校だけでなく、短大や大学で栄養学を学ぶこともひとつの道といえるでしょう。

資格を取得する

フードコーディネーターの資格としてあるのが、特定非営利活動法人 日本フードコーディネーター協会が主催しているフードコーディネーター資格認定試験という検定があります。この検定は、フードコーディネーターの検定の中では最も古く知名度も高いので、取って間違いない資格です。1級の難易度はとても難しいので、合格することが出来れば食のプロとして十分活動していけるでしょう。

資格の勉強方法

先ほど紹介した資格は、専門学校に通いながら取得する人もいます。他には通信講座を受講して自分で勉強をしていくことも出来ます。フードコーディネーターには年齢制限がないので、後からとっても大丈夫と考える方もいますが早めに取得した方がいいでしょう。その方が知識の幅が広がり、仕事をもらいやすいでしょう。

広告募集中